芸術祭優秀賞!!

こちらに引越す前に小田豊がやったお仕事が
ラジオドラマ部門で文化庁芸術祭優秀賞を頂いたと
昨日、ディレクターのMさんから連絡がありましたー

長年、舞台役者としてやってきた小田豊ですが
全く賞には無縁で・・・
出身である長崎のお話が出来れば
また何かお役に立てるお仕事が有ればいいなと
マネージャーとしてずっと思っていたところへの問合せでした。
お仕事が出来ることになった時
なんとなく良い縁が有りそうな予感がしていた

今回の賞は個人賞ではありません。
でも作品として素敵な出会いが出来ることは
何よりも嬉しいです。
私達よりも制作スタッフさんが本当に喜んで下さってるようで
本当に

実はこのサイトの右下にずっと載せていた
青来有一さんの「爆心」が原作なのです。

下記にあらすじを載せておきます。
ご興味があるようでしたら是非原作を読んでみて下さい

NHK ラジオのFMシアター
『鳥』 (長崎局制作) 

あらすじ:原爆投下の日、長崎市。
何もかもが吹き飛ばされた荒れ地から発見された乳飲み子(男子)が
いた。名前も両親も生まれた日さえわからない。
義父母の手で育てられ、60年たった今日も、彼は「自分は誰なのか」
という疑問から開放されない……。

長崎市在住の芥川賞作家青来有一氏の原作を、自らの脚色で
オーディオドラマ化する。長崎に根深く残る原爆の記憶と悲惨さを、
人間性豊かに描く。

この記事へのコメント